FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

パンツ長谷川シリーズを引き続き読んでます

前回記事で触れたパンツ長谷川シリーズですが、
その後も関連作を読んでます。

正確に言えば、最初に読んだのは、
http://vippants.blog57.fc2.com/?mode=m&no=1
にあるやつです。

その後、検索で出てきた作者の公式HPで、
続編を読んでます。

今のところ、
『パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の悲しい人生』に加え、
『パンツを盗む事に快感を覚えてしまった男の楽しい忘年会』の全部と、
『パンツ長谷川君とみどりさん』のほぼ最後までを読みました。

非常に面白いです。

のめり込み過ぎて、主人公と精神をある程度共有してしまい、
主人公の落ち込みなどの影響で、こっちまで憔悴してしまうほどでした。

まあ、僕は何読んでも結構そういう感じになりがちなのですが。
感情移入しやすいというか。

やっぱ小説って、絵で説明するのがない分、想像力を掻き立てられて、
頭の中の空想世界に没入してしがちで、
移入度が高くなるのかなーって気がします。
僕の場合ですが。

パンツ長谷川が、何度も浮気しそうになるところとかが、リアルだと感じました。
やっぱ、愛する妻がいるからといって、それですぐに他の女性に見向きもしなくなるってのは、
でき過ぎていると思うんで。
まあ、いくらなんでも、パンツ長谷川内の女性ランキングがその都度変わりすぎだろって感じもしましたが。

まー、リアルさって観点から言えば、
途中からのみどりのスーパーマンっぷりや主人公のハーレム的展開、
主人公の作家としての順風満帆な暮らし、みどりとの病院での和解シーンなどは、
さすがにフィクションっぽさが行き過ぎている気がしないでもなかったですが。


沙希ちゃんと浮気してるところもかなり楽しく読めてたんですが、
浮気が発覚してからの展開はつらかったです。

あと、ちょっと違和感を感じたというか、引っかかるところが。
なんていうか、一夫多妻でいいじゃん?って思ったんですよね。
一夫多妻って、男のわがままって言われがちだと思うんですけど、
そうなのかなーって思えて。
沙希ちゃんとセックスしていたとはいえ、
その時期パンツ長谷川はみどりさんと娘のことを心から愛し、十分良くしていたと思うし、
そこまで怒られるべきことなのかなと。
それって、夫は自分にすべてを捧げなきゃ許さないっていう、みどりのわがままなんじゃないの?って気もします。
まあ、過去にあれだけのことがあったのに、またみどりに隠れてこそこそと
やっていた点が、特に問題なのかもしれない。
川上もこそこそするなってのを強く言ってたし。
奥さん以外とのセックスがだめとかそういう問題ではなく、
奥さんや周りの人をだますようなやり方がひどいということなのかもしれない。
でも、はっきりと宣言すれば、会社にいられなくなったり、離婚しなくちゃならなくなったりする
ような展開が十分ありうると予想される場合、そこまで言わなくちゃならないのだろうか。
それが浮気の責任だよってことかもしれないが、そういう考え方自体が、そもそも、
現代の日本でまかり通っている一夫一婦制の偏った価値観に過ぎないんじゃないかとも思うんですよね。
江川達也の『家庭教師 神宮山美佳』でも似たようなことが言われてましたけど。
そういう偏った価値観によって、一方的に裁かれなければならないこと自体が、不公平というかなんというか、
そりゃ、隠したくなっちゃうのもしょうがないよなって感じに思うんですよね。


まー、ともかく、
面白い作品だったんですが、
やっぱ最近思うのは、小説はあくまで小説であり、読者自身の人生とは違うんだということを、
肝に銘じるべきかなと思う。

もちろん、自分の人生だと本気で思っているわけではないのだけど、
主人公などに感情移入すると、疑似体験しちゃうわけで、
ある程度、自分の人生と同一視する面があると思うんですよね。

んで、たとえその小説が感動的なものであれ、
あまり小説の内容に没入しすぎると、
現実の自分の生活のペースが狂うということが、
僕の場合、よくあるんですよね。

今回もそういう感じになりまして、
なんというか、こういうことじゃいかんのじゃないかと思うんですよ。
あんまり小説に引きずられない方が良いんじゃないかと。
目の前の自分の人生をもっとしっかりと見つめるべきなんじゃないかと。
地に足をつけて、自分の日々の暮らしを邁進すべきじゃないかと。
そういうことを思うんですよね。

まあ、小説の内容に感情移入するからこそ、
読後に良い影響を受けることができるって面もあると思うんですが、
難しいところかなーと。

あと、やっぱ、何か作品を最後まで読み終えると、
疲れるんすよね。
虚脱感に襲われるというか。
終わっちまったって感じとか、
なんか、読後の引っかかり感で頭がぐるぐるしてつらいっていうか。

2010/12/21 14:22 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。