FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

水月の那波の夢を見て感じたことなど

・昨日、水月の那波の夢を見た。

ナナミと肌を重ねる夢を。
とろけるような包み込まれるようなあたたかみを感じ、
とっても気持ちよかった。癒された。
普段ろくな夢を見ないこともあり、こんなに気持ちのいい夢を見たのは
本当に久しぶり(もしかしたら、人生初かも)だと思った。


そして、その後、かなり久しぶりに水月(もちろんPC版)をプレイした。
少しだけだが。

やっぱ水月はすごくいいわ。
舞台が良い、キャラが良い、絵が良い、シナリオが良い、音楽が良い、などなど。
単純に完成度が高いだけでなく、ここまで心に残ったゲームは僕の人生で他にないと思う。

UMD版買おうかな。
PC版はもとより、DC版とPS2版も持ってるんだけど、PSPで寝転がりながらやりたいし。
コンシューマ版はアダルト描写が削られている他にも色々原作を改変してると聞くから、
より原作に近いと推測できるUMD-PG版を買おうかなあと。
まだ出てないけど、今年中に出る予定らしいし。

UMD-PG版の母体になるんじゃ?と予想しているDVD-PG版はアマゾンのレビューで酷評されてるし、
追加されるアニメ部分とかには全く期待していないっつーか、明らかな蛇足だと思うけど、
でも、余計なものが付いているだけで、きちんと本編の肝の部分は改変されず収録されているなら、
それでいいかなーと。
(よく考えると、DVD-PG版とUMD-PG版の発売元が違うんで、
UMD版はDVD版と内容的にかぶらない可能性が高いかも。
DVD版にある追加アニメについて、UMD版の紹介ページでは触れられてないし。)






そして、思った。
近年、僕は無理やり系のセックスにしかほとんど興奮できなくなっていたが、
ナナミと触れ合う夢を見たのをはっきりとしたきっかけとして、
愛のあるセックスにすごく魅力を感じるように、久々に好みが変わった。

僕だって、昔は、愛のあるセックスにすごく憧れていた。
学生時代に生身の人間との恋愛にすごく夢中になったこともある。
しかし、おそらく、願いがまるで叶わない現実を思い知らされ、
愛のあるセックスにも感情移入できなくなり、
世界に対し憤りを覚え、セックスの好みも無理やり陵辱系に傾いてしまっていた。


しかし、改めて、愛のあるセックスを味わってみたら、
その心地よさが段違いであることに気付いた気がする。
(といっても、陵辱系にまるで興奮しなくなったわけではない。)

まあ、前提として、最近、無理やり系ばかりにも少し飽きてきていて、
愛のあるセックスに嗜好がシフトしてきていたっぽいという背景もあると思うが。

この経験が、今後の僕の活動にどのような影響を与えるのかは、
まだはっきりとは分からないけど、大きな転機になるかもしれないとも思う。
少なくとも、また一つ、大きなヒントを得た気がする。



・ブラフマン OVER BOOST 1巻がアマゾンのレビューですげー酷評されてる。

まあ、無印を読まずに読んだら、ああ感じてもしょうがないかなーって気もする。
一応、OVER BOOSTの序盤の展開は、新規読者のために説明臭い内容になってると思うんだけど、
やっぱ初見だとついていけないだろうし。
酷評されているポイントは、ファンの僕から見てもあながち的外れでもないと思うし。

ただ、話がきちんと飲み込めなくても、
なんか雰囲気が良いとか、絵が好きとか、そういうのに魅力を感じる人はいると思うので、
レビューした人の好みに合わなかったのも大きいだろうと思う。

ブラフマンは、見ようによっては欠点が多いかもしれないけど、
それを補って余りある魅力を感じられる人がいるのも事実。
広く大衆に受ける作品だとは思わないけど。


・何かデジタルガジェットを買いたい。

安定してお金に余裕があるわけではないけど、
最近少しお金に余裕ができたので、
何か所有欲を刺激するデジタルガジェットを買いたいなーって思ってます。
まあ、あんま高いものは無理なんですが。

まあ、今色々な技術の過渡期だと思うんで、
今すぐ買うのは得策ではない気してるんですが。
電子ペーパー端末とか、アンドロイド端末とかに興味あります。

あと、もう一台ぐらい、別用途のPCがほしいかなー。

2010/10/27 01:06 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。