FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

聖地で観たハルヒ消失の感想

久しぶりの更新です。

昨日、ハルヒの消失観てきました。
ハルヒの舞台である聖地西宮の映画館で。

先着特典のはずのメモパッドは、抽選でのプレゼントとなっていて、
運よく当たりくじを引けたので、もらうことができました。

映画の感想ですが、
正直言うと、すごく面白いとは思えなかったです。
ネットでの評判がかなり良いみたいだったので、期待しすぎていたのかもしれません。

この消失という作品が、
ハルヒのアニメシリーズの中で、(特にキョンと長門の心情を考える上で)重要な意味を持つ作品ということは、
よく分かりますし、
ハルヒシリーズの一編としての出来は、決して悪いものではないと思います。
ただし、独立した一本の映画として観た時、十分に心に迫るストーリーだったかと問われれば、
かなり微妙だったと感じました。

まあ、そもそも僕は、ハルヒの概要は分かっているとはいえ、
現時点でハルヒマニアと言えるほど入れ込んでいる訳ではないですし、
昨日は体調が悪くて上映中映画にあまり集中できなかった事情もあるので、
そのせいかもしれません。

万全の体調で、かつ、ハルヒの世界にどっぷりつかれるような下準備を済ませた後で
もう一度消失を観れば、随分違う感想になるかもなと思います。



ハルヒの良さは、キョンの立場の羨ましさにあるなと再認識。
素晴らしき青春時代への憧れと自分とのギャップによる胸の締め付け。

僕にとってハルヒという作品は、地元アニメという部分が大きいなと再認識。

僕って、やっぱ、他人と分かり合うのが難しいなと再認識。
それに伴い、自分がこれだ!と思えるものは、自分で作るしかないなという思いも再燃。

映画館でのマナーが悪い連中はやだなと再認識。

エンディング曲はしっとりしていて?良かったです。

ミニスカートの女生徒たちがエロかわいかったです。

あんまり、長門やキョンの凄い葛藤や成長が見えませんでした。

改変世界をもっと堪能したかった。
印象が弱いと感じた。

鶴屋さんのビジュアルになんか萌えた。

なじみのある風景や単語がやたらと出てきた。

坂の途中のファミリーマートは、10年ぐらい前はなかったよねえ。

終盤のキョンの精神世界の描写は、盛り上げどころなんだろうけど、
僕的には微妙だった。むしろ、ちょっと寒いなーって思ったぐらいだった。
寒いことの原因ではないけど、エヴァっぽい演出だなって思った。
観てないけどなんとなく知っている、押井守のビューティフルドリーマーとも似てるんじゃなかろうか。
でも、劣化コピーになってるんではないかと。
この映画、全体的に盛り上がりに欠ける気がしたんだよねえ。
盛り上がりという意味では、朝倉さんの殺人鬼シーンはおおっ!!てなれたけどさ。

まあ、別にがーっと盛り上げなくてもいいんだけど、
淡々とした物語でもいいんだけど、
でも、その場合、作品がもつ深みが感じられないとなあと。
観る側への揺さぶりがないとなあと思うんですよ。
その点、1回目の視聴では、この消失という映画では、深みや揺さぶりを物語の本筋からは受けられなかったんだよねえ。

2010/05/02 12:08 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。