FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

■コードギアスR2 23話 感想

とりあえず、すげー短く感じた。
それぐらい楽しい時間だったってことかな?
んー、かなり先が気になりながら見てたのは確かだけど、メチャクチャ面白いと感じながら見てたかは微妙。
ルルーシュがやられないかとハラハラしてたのはある。
ルルを応援する側としては、爽快感がなく、むしろ不快に近い感情が強かった気がする。
なんか前回圧倒的な強さを見せつけたスザクが今回全く目立ってないし、ジェレミアはあんま効果なさそうなミサイル撃ってるシーンしかないし、ルル側は他は名もないキャラしかいないしなあ。
名前のあるキャラしか活躍することのない状況では、例え実際には戦力にそう差はなくても、活躍が描かれる量は、黒の騎士団側の方が圧倒的に多くなるのは必然か。


・ルルがナナリーを振り切ったのは、まあ、いいんじゃないかな。
やっと成長したなって感じ。
いつまで経ってもうろたえてばっかりじゃあ、進歩が見えないからね。
ただ、もう少しうろたえるかと思った。
残った時間が少ないから短くする他ないのかもしれんが。


・コーネリア死す?
我が騎士ギルフォードとの再会はなしか。
まあ、ナナリーが助かったのが、テレポートとかフレイヤの未知の性質とかによるものではなく、単純に爆発前に効果範囲外に逃げてたからだったみたいなので、モロに爆発に巻き込まれてたのがはっきりしてるギルフォードとかは死亡確定か。


・シーツーとルルが久々に一心同体的なパートナーとして描かれてて良かった。
でも、シーツー死んじゃいそうで嫌だー。
雑誌予告でもルルを支えてきた誰かが死ぬとか書いてるらしいし。
不老不死の能力はまだ残ってるはずだけど、もしかしたらルルに渡してるor渡すかもしんないしなあ。
あるいは、跡形もない程に損傷すると流石に再生できないとかもないとは限らん。


・扇は死んで良し。
「みんなで力を合わせればゼロに勝てる!」じゃねえよ。
ゼロなしの黒の騎士団(腕力はあっても低脳)がすごいんじゃなくて、ゼロの代わりにシュナイゼルが指揮してる黒の騎士団が強いだけだろうに。


・ディートハルトがムカつく。
なんだよ、そのフッって感じの態度は。
シュナの方がすごいと思ったのはまだいいとしても、何故ルルをそこまで見下す?
こいつも全然善人じゃないから、最後は悲惨な目に合わすためにシュナの側に回されたようにも思える。


・やっぱ、前回シュナから離反したってのは佐代子さんか。
忍者姿が、すげー浮いてる気が。
まあ、治療を受ける佐代子さんは、結構かわいく見えた。


・で、結局なんでナナリー生きてんの?
2chでの意見を見て、ローマイヤをダミーにして先に退避してたのだと理解した。理解は幸せ!


・しっかし、ほんと、ナナリーもカレンも、前回までもそうだったけど、全然ルルとかスザクのこと信じてないのね。
その場の態度だけで判断すんなよと。
冷静に過去の言動を見てれば、ルルがそんな極悪人な訳ないだろうと。
確定とは言わないまでも、もう少し信じようとしようよ。
結局、こいつらも、ろくな人間じゃないようにしか見えん。


・>「哀れだな、ギアスに操られたものは」
>あの兵士も騙されて独裁者の駒になってる奴に言われたくなかったろうなぁ。
禿同ですわ!
つーか、藤堂死ね。
どう哀れなのか言うてみい。
信じるものは救われるって言葉もあるが?
なんとなくありがちな台詞を言ってみてるだけじゃないのかと。

・>コーネリアのくだらない死に方
>どこまでの馬鹿な騎士団、ギアスでもなく普通に騙されて使われてるのに気づかずルルには説教
>死なない扇、妊娠黒女
>戸惑いもせずフレイヤを撃つナナリー
>あっさりルルを忘れ他の男に乗り換えかけてるカレン
>ありえんだろ、脚本はもう引退しろ
禿同!!


・シュナイゼルは悪でルルは正義か?
二人の違いは?

シュナのいうこともあながち間違っちゃいないと思うんだよね。
コーネリアは「与えられた平和など!」とか、それっぽいだけで何も考えずに言ってそうな台詞を吐いてましたが。
ただ、なんていうか、戦争したらフレイヤでシュナに殺されるから戦争しないってのがいいのか?って話かと。
冷戦になるだけじゃないの?
人々の心から、邪悪なものがなくなるのではなく、表面上の争いがなくなるだけなんじゃねえのって話。
あと、独裁者が上手く治められてる間はいいとしても、いつ破綻するかわかんないんじゃないの?って話。

あと、感情論的に、なんというか、そんな夢も希望もないって感じで反発されやすいってこと。
あと、おこがましいって話かな。

人々が誰からも抑圧されることなく自分の気持ちに正直に従っても、それでもみんなが平和に暮らせる社会を目指そうってのと、そんなもんは無理に決まってるから優しくない人々でも戦争を起こすのをためらうような恐怖政治で管理してやろうってのとでは、前者を好む人が多いってことでしょうかねえ。

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

2008/09/15 13:44 | 一般アニメ感想 | COMMENT(0) | TRACKBACK(1) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/09/16 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第23話 「シュナイゼルの仮面」

Newtype (ニュータイプ) 2008年 10月号 [雑誌] ナナリーは生きていた。しかも最悪の敵としてルルーシュの前に現れた。やはり恐るべきは策士シュナイゼル。苦悩するルルーシュにその時、スザクは!今こそ世界の覇権をかけ、天才と天才が富士の上空で激突する!!ゼロレ?...

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。