FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

クビキリサイクルを読んだ

今やってる化物語のアニメが面白いので、
前々から何かと気になっていた西尾維新の本に手を出してみた。

手始めに、デビュー作のクビキリサイクルを買って読んだ。
文庫版じゃない方を買った。値段の差はわずかだったし、結構古い方を好む性質なので。


感想としては、なかなかの良作だと思う。
色々、読んでる最中に気になる部分がないではなかったし、
読み終わってから少し経った今、気になってきたところも色々あるのだけど、
でも、飽きることなく、むしろかなり熱中して一気に全部読んでしまうほどには、
引き付けられる作品だったと思う。

お気に入りキャラは、まず園山赤音。
といっても、途中までであって、真相発覚後は、微妙になったのだけど。

伊吹かなみが何故そうまでしてなりかわろうとしたのか、よく分からん。
七愚人のポストが欲しかった訳じゃないだろうし。
学者としての研究なら、能力的にいくらでもできるだろうし。
過去のしがらみに煩わされずに、新しい自分として生きたかったってところだろうか?
そんなしがらみなど、他の方法でもどうとでもなりそうだしなあ。
それに、彼女が本当に他者への思いやりもある程度もっている人間なら、
人を騙し、人殺しをしてまで、成り代わろうとするだろうか?

気になった点の一つとして、
あんまり、天才って感じの台詞をしゃべる人がいなかったと思う。
お気に入りの赤音さんにしたって、別に、そう大したことを言っているとは思えない。
インテリタイプなら、それぐらいのことは当然言ってもおかしくないなってレベルのことしか言ってないと思う。
とてもじゃないが、常軌を逸した天才の言動とは思えない気がした。
まあ、これはこの作品に限らず、作者が圧倒的な能力を持つ人物のすごさを描くのが難しいって問題があるのだろうけど。
まあ、実際、普通じゃない凄さって、書くの難しいと思うよ。
単純に戦闘力とかなら地球を吹っ飛ばすとかやればいいんだろうからともかく、人格や精神性や発想や存在感の凄さを、想像で書くってのは、難しいと思う。
だから、説明台詞でなんとか読者に凄いと思わせようとするけど、読者はイマイチそのキャラの凄さが伝わってこないという現象が、よくあるのだと思う。

でも、ネットで感想とかを見てると、
この作品に出て来る天才たちの言動に、すげーって素直に感心してる読者も結構いるみたいで、
なんだかなあと思ったりもする。
(例えば、健康がタバコに悪いのだよって台詞とかに感心してる人とか。)
まあ、世の中そんなもんなのかなと思うけど。
まあ、西尾維新の作品は、世間的にも、結構中二病作品として認知されているようなので、
中二的な精神性をもった層に、そういう風に賛美されているだけかもしれないけど。

まあ、でも、
僕も中二病的なのは、好きな部分もあるし、
この作品は、色々気になるところがあっても、
それでも、結構魅力的な作品だと思えたよ。
これからどんどん粗が気になってくるかもしれないけど、
とりあえず、楽しく読了することができたので、評価してもいいと思う。
少し値は張るけど、次の巻も近いうちに読みたいと思う。

ちなみに、寒いと酷評されているっぽい、「いーちゃん、いーじゃん、西尾氏、イチオシ」は、
僕的にはおもしろかった。
駄洒落好きだしさ。

あー、しかし、いーちゃんがうらやましい。
オイラも青色サヴァンとスキンシップしたいんじゃよ。

赤神イリアは、なんつーか、うみねこのベアトリーチェのイメージでずっと読んでたし、
今も僕の頭の中での見た目はそう。
なんとなく。


そうそう、小説を読んだの久しぶりなんだけど、(よく考えると、そうでもないか。こないだ傀儡の4巻読んだし。)
小説って漫画読むよりも長く楽しめていいなと思ったね。
まあ、面白い作品限定だけどさ。
気楽に読めるのは漫画の方だと思うし、何度も読み返し楽しめるのも、漫画の方の気がするし、
漫画だからこそできる表現の良さとかもあると思うけど、
小説だからこそって部分もあると思うし、コストパフォーマンスの良さでは、
小説の方がいい気がしたね。
まあ、ハードカバーの高い本とかなら別だろうけど。
コミックス1冊買うよりは、同じぐらいの厚さの小説買った方が、読むのに時間かかるから、
面白い作品の場合、楽しめる時間が長くていいなと思うって感じのことが言いたいんじゃよ。


話変わるけど、一昨日に、1年ぶりのワンフェスありましたね。
今回はまるでノータッチですが。
ネットでのレポとか見てると、やっぱ多少無理してでも行く価値あったかもなと思う。
まあ、現実的に考えて、仕事に支障が出るので無理でしょうが。
まあ、今の仕事を優先しなければ、何とかなったのだろうし、それも悪くないかもと思ったりもしてたのだけど、
まあ、踏み切れなかったし、今も踏み切れてないわけ。
まあ、終わったことはしょうがないし、あんまり執着しないようにしようと思いますが、
ワンフェス、やっぱ面白そうだなああと。
余裕があれば、またいつか行ってみたいと思う。
見る側としても、出す側としても。

2009/07/28 23:08 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。