FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

SABEさんが死んじゃった・・・

・SABEさんが死んじゃった・・・

さっき道満さんのHPを見たら、SABEさんが亡くなったとのこと。
前にもヒコロウさんが死んだとか言ってたし、またよくあるたちの悪い冗談の類かと思ったけど、
どうやら、本当みたいだ。

以下、ワニマガジンHP(http://www.wani.com/newsrelease.php)より引用。

6月5日 SABE先生について
2009年1月28日SABE先生がお亡くなりになりました。享年41歳。
ご遺族のご希望もあり発表は控えておりましたが、このたび追悼版出版のご了承をいただきましたのでここに発表いたします。SABE先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




マイナー漫画家(特にエロやギャグの人。)の例に漏れず、長生きしそうなイメージはなかったけど、
まさかこんなに早くにお別れすることになるとは・・・・。
こないだ久しぶりに阿佐ヶ谷を読み返した所なのに・・・。


絵柄に関しては、村田蓮璽のパクリとか言われたりもしてたみたいだけど、
話に関しては、他の人にはそうそう真似できないかなり独特な内容で、
僕の中では独特の存在感のある人だったから、かなり残念だ。

7~8年前に快楽天にはまってた頃読んでた阿佐ヶ谷腐れ酢学園は良かったなあ。
ペンギン虐待女とか、ウンコ弟とか、パンツ姉ちゃんとか、すごい発想だなと感心したなあ。
ジャッキーチェンやブルースリーをモデルにした馬鹿なブルマ漫画もおもしろかったなあ。
アフタヌーンに進出した世界の孫も、相変わらずのすごいセンスだなあと感心したなあ。
北海道に移住したとか、なんとか、本当かよ?って驚いたりしたなあ。


ああ。


ああ。


残念です。


しかし、数年前のたちばなとしひろさんの死や、刹那さんの死など、
漫画家の死によって、人の死の重みを実感することが多いなと思う。

あんまり身の回りで、親密な関係の相手が死ぬとかないからね。
親密な関係っつーか、自分に影響力の大きい人の死って感じか。
読んでいた作家の新作が出なくなって、「ああ、死んじゃったんだな・・・。」
「もう読めないんだな・・・。」って感慨が沸くことが多い。


SABEさんは、あの世があるなら、あの世では安らかに過ごせるようお祈りします。

SABE追悼ペンギン

2009/06/07 01:31 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。