FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

咲を見直した

・咲にはまりつつある

漫画版を少し読んで、気になる部分があることは認めつつも、微妙視していた咲だけど、
アニメ版を見るようになって、なんだかはまりそうになっている。
やっぱり、女の子はかなりかわいく描けていると思う。1巻から出てる咲、和、タコスの3人もいいけど、その後登場する天江がかなりポイント高い。
やっぱロリの破壊力は馬鹿に出来ないと思った。
(ロリなら何でもいいって訳じゃないけど、上質なロリの破壊力は、抜群なものだと。)
他にも、透華とかも、いい感じ。 お嬢様キャラは結構好きだ。

ただ、アニメ版の6話からぞくぞくと登場してきてる、他校の性格悪そうな生徒達(主に、和を馬鹿にしてる連中)は、
正直、いい感じしない。
別に主人公チームびいきだからってだけじゃなく、ああいう、態度の悪い連中は、
見ていて気分悪い。


僕的に抵抗感のあった、いかにも漫画的な非現実的な演出も、
まあ、慣れればというか、「こまけえこたぁいいんだよ」と割り切れてきたのか、
そんなに気にならなくなってきたし。

しかし、作者は男なのか? 女なのか?
キャラ設定は男受けを相当狙ってる感じがして、こういうのを描けるのは、
男ならではの視点を持ってるからではないかと思うけど、
絵柄とかしゃべり方とか、女性らしさを感じるところもある。
こういう時って、男であることを期待しちゃうんだよね。
なんだか、女だと、弄ばれてる感じがするというか。
男と同じようなリビドー全開で描いてるのなら、まあ、まだマシなのだけど。


この作品も、最近世間でもてはやされている百合作品の一つだと見なされているようですが、
僕は百合ってあんまり好きじゃなかったし、
この漫画のキャラが百合に走る動機に違和感を覚えることも
少なくない(例えば、咲と和が安易に恋愛感情抱きすぎじゃないかとか。)けど、
でも、なんか、少し良さが分かってきた気もする。
ストライクウィッチーズでも感じたけど。
(そういや、アニメ版の咲とストパンは、GONZOの同じ部署が製作してるそうですな。
そのおかげか、両方とも、かなりのクオリティを維持できていると思う。
まあ、咲の作画は、ちょっと大味だと思うけど。キャラデザの問題かも。)


あと、前から思ってたんだけど、
百合百合言ってる連中も、おそらく、男の視点でそれを楽しんでいると思う。
男が女を犯すという、男性的な欲望から離れて、女性的な感覚に身をゆだねているという訳ではないと思う。
(まあ、恋愛感情にまつわる欲望に、男女で根本的な違いがあるかというと、微妙な気がするが。)

百合による恋愛的な展開が、女性キャラの魅力を引き出すことに貢献しつつも、男とくっつく訳ではないので、安心してみていられるというか、そういうのは、よく言われてることかもしれないが、やはりあるような気がする。
(まあ、逆に、作品内に男が出てこないと、男である自分が女を犯すというシチュエーションを夢想できずに、作品によって興奮を得ることが難しい人もいると思うが。
自らの分身であり、自分の代わりを勤めてくれる、投影対象としての男性が出てないと、作品内で描かれているシチュエーションに感情移入しづらいという場合も存在すると思うのだ。
その代表例としては、エロ漫画における、犯す役の男の存在が、重要視されていることがあると思う。)

これが、魅力的な女性キャラと男キャラの恋愛だと、こうは行かないのではと思う。
読者と同性の彼氏彼女が、好きなキャラの相手として存在してはいけないのだと思う。
いけないというか、それが、興醒めを生むのだと思う。
見ている側に嫉妬を生まず、それでいて、百合的関係にある両者を、恋愛的なやり取りを通じて、より魅力的に描くことが出来ると思う。

「美少女×彼氏キャラ」という構図の彼氏キャラに自分を当てはめようとするのではなく、
「美少女×美少女」という構図のそれぞれの美少女に対して、第3者的な立場で男である自分が、狩人的な視点で狙うと言う感じかと。

まあ、×の両端のいずれかのキャラに、自分を投影して、自分がその立場にいることを妄想、疑似体験して、浸っている場合も、確実にあると思うけどね。
ただ、男×女と場合と比べて、女×女、男×男の場合だと、同性同士の方が、自分が狙ってる対象を楽しむ際に、障害にならないと感じている人が多いのかなと思う。

ともかく、なんにしても、別に、自分が男として女を味わいたいという欲望から離れて、百合の世界を楽しんでるわけじゃないと思うのね。


女が女をかわいいと思ったり、抱きしめたいと思うのと、男が女をそのようにしたいと思うのとに、大きな欲望の種類の違いはないのかもしれないなとも思う。
また、百合百合言ってる連中の欲望と、男×女じゃないと認めんという連中との欲望にも大きな違いは存在しないのかもしれないなと思う。

まあ、「男は狼」的な、獰猛な感じでセックスするというのと、甘ったるくいちゃいちゃするってのとの違いはあるかなと思う。
つーか、それが大きな違いかな。
肉欲などを中心とした関係か、絆や友情や信頼、親愛の関係かって感じ?
まあ、BLの場合、後者のが多い気がするけど、ちまたで騒がれてる百合ものに関しては、
絆や友情などはあくまでキャラの魅力を上げるためのトッピングであって、メインはそういう魅力的な獲物を肉欲で貪る感じじゃないかと思うのね。


あと、これも前から思っていたのだけど、
この作品でも頻発している、世間でよく騒がれている、「パンツはいてない」とかいうのについて。
まあ、かなり昔から知っているのだけど、なんというか、僕はいまいちあの流行に乗れないのね。
はいてないのが素晴らしいという価値観にあまり共感できないのね。
まあ、ただ単に、「おいおい、どう見ても、はいてねえよ(笑)」って感じで、ネタにして喜んでるだけなのかもしれないけど、
最初のうちはともかく、そういうのが珍しくもなくなってきた最近になっても、
そういうネタで盛り上がれているのなら、それは、やはり、はいていないことに価値を見出しているのではないかなと。

僕は、昔ほどではないけど、裸よりも下着姿の方が、圧倒的に興奮するのよ。
これは、同意する人も多いと思うのだけどさ。
パンツが大好きな人間は、絵に対してであれ、実写に対してであれ、珍しくないと思うしさ。
はいてなくて、肝心の部分が見えてるとか、恥ずかしがってるとかならともかく、
ただはいてるように見えないというだけなら、パンチラしてくれてる方が、ポイント高いと思うんだよね。
僕の場合。




好-suki-

2009/05/17 20:32 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。