FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

ストパン視聴終了

全12話見終わりました。
OVA版はまだ見てないです。

おもしろかったけど、色々謎を残してるし、
もう少し長くして丁寧に話を進めてくれた方が良かったかな。

隊員紹介が済んだらすぐに最終決戦って感じだったからねえ。
もう少し、キャラの掘り下げを行って欲しかった。

まあ、キャラはみんなお気に入り。
カールスラントの3人はもちろん、ルッキーニも、、地味な(色の)二人も、ペリーヌとかも、少佐も、ヨシカも、巨乳さんも、みんな魅力的だった。
アニメの絵も、島田フミカネの絵もどっちも良い。
フミカネ絵は実は結構前から知ってるけど、はまったのは今作からかな。
今までは、たまに「おっ!」と思うことはあっても、それほど接近してなかったから。
かわいい女の子は好きだけど、メカ少女であることには、今も昔もさして興味ないしね。

坂本少佐は、強いのか弱いのかいまいち分からん感じなのが少し気になるけど、この人も結構いいなとは思う。
きちんと本編を観る前はあんまり興味ないキャラだったんだけど、観てみると、性格・見た目ともに、結構好きになった。
「わっはっは」とか、いいなと。
髪を下ろした姿が、『北へ』の葉野香みたいだなと思った。

ペリーヌは、やはりというか、眼鏡女キャラの宿命か、世間的には(眼鏡っ子好きを除き)不人気らしいけど、
僕はかなり好きなキャラ。
眼鏡の女の子は特に好みではないし、どちらかというとどうでもいいなと思うことが多いのだけど、
この子はいい性格してるなと思う。

エイラは声が特に良かった。
独特のしゃべり方。ボーイッシュな感じのする。
最初は「下手なんじゃ?」と思うぐらい味のある演技だった。
サーニャとのラブラブっぷりもかなり良かった。
サーニャはズボンがよかった。
この二人は、パンツ丸出しじゃなくて、スカートのしたにパンツはいてるって感じなのが、パンツのありがたみがあってよかった。
サーニャの下着姿でお尻突き出すシーンはかなり良かった。
この二人は、地味っぽくて、最初はあんま興味なかったんだけど、6話以降、かなりいいなと思うようになった。
世間的にも、ちょっと意外なことに、人気トップらしいし。(流石にトップとは思わなかった。)
最終話の「右だな」「うん」とかのやり取りは特に最高だった。

バルクホルンは、「証拠物件だ」って、何の証拠だよって感じ。
実は良からぬことに使用しようとしていたとか? 蛸壺屋の同人誌みたいに。
トゥルーデってのは、ゲルトルートのトルートから来てるのかな?
ハルトマンのフラウといい、外人の愛称のつけ方はよく分からん。

ハルトマンとバルクホルンは、もう少し仲良しなシーンが見たかった。
ハルトマンの性格がつかみどころのない感じがして、その影響もあるかなと。
あんまりベタベタしないタイプかなと。
マイペースな感じで。
でも、なんだかんだで二人は相棒って感じかな。
もう少しそれを印象付けるシーンが欲しかったかなと。

まあ、カールスラントの3人組は、なんだかんだで公私を区別してるのか、
結構使い分けをしてる感じがする。
それも本編でいまいちあの3人が仲良しこよしって感じに見えない一因かも。

ミーナ隊長は、多少引っかかるところもあるけど、色っぽい感じで好き。
ズボンもいい感じ。
引っかかるところは、例の規則を作った真意とか。
まあ、大切な人を失うことを恐れないように、そもそも大切な人を必要以上に作らないようにって事なのかなと思うけど。
本編でははっきりとは示されなかったからさ。
あと、カールスラントの3人組での仲良しシーンよりも、坂本少佐との夫婦っぽい関係の方が目立ったのは、少し意外だった。
まあ、中佐と少佐という、部隊の隊長、副隊長的なポジションで、あくまで一兵卒的な他のメンバーとは違う立場みたいだから、そういう立場の者同士の絆って感じかなと理解した。
世間では、ミーナと少佐をカップリングする人も多いみたいだけど、別にミーナが特別少佐を一人だけ特別扱いしてるとはあんま思わなかった。
少佐は、大切な仲間の一人で、部隊でのパートナーであるだろうけど、少佐のことですごく取り乱してたのは、少佐が、命の危険が特に危ぶまれる隊員だからこそなんじゃないかなと。

時々思うのだけど、公式ページのキャラ紹介とかに書いてある内容が、
本編からきちんと感じ取れないことがあるんだよね。
本編からはそこまで分からないことを言葉で追加説明してるんじゃ?って感じがするというか。
ハルトマンが常に仲間の中心にいるだとか、バルクホルンがミーナの副官としてみんなをサポートしてるとか、さ。
分からんでもないけど、あんまり露骨にそういうの描いたシーンないよね。

OPもEDも音楽と映像が上手くシンクロしてて、かなり良かった。
これははまる! やっぱ映像が音楽のシンクロしてるのはすげー好き。
歌自体もいいし。
深いメッセージの込められた歌だとは思わんけど、こういうのはこういうのでやっぱ心地よいなとは思う。

最初にこの作品を知ったときにはかなりの抵抗感があったパンツ丸出しの服装だけど、
何度も目にするうちに次第に慣れてきて、本編を見終わる頃には、全然抵抗感なくなってて、
むしろ「これはこれでかっこいいな、オシャレだな」と思えるようになってきた。
パンツだと思うから変だと思うのであって、水着やパイロットスーツの一種だと思えば、
別におかしかないと思うし、女性の美しさ(別に下着のエロさって意味でなく。)を表現する上で、
理にかなった服装だとも思える。

やっぱハルトマンとバルクホルンが特に好きなんだけど、
二人とも、モデルとなった実在人物が最多撃墜王として有名だけど、
実際には、雑魚のソ連軍相手に数を稼いだだけで、
撃墜王の中ではトップクラスではないという見方が一般的らしく、
ちょっと残念。
撃墜数が多けりゃいいって訳じゃないのは認めるにしても、
この二人には最強の二人であって欲しい。

ストライクウィッチーズのアニメ本編でも、圧倒的な戦力を見せ付けてるシーンないしさ。
あと、501隊に属してない英雄ウィッチもいるみたいで、そういうの入れると、それほどでもないのかなとか思っちゃったり。
もうちょっと、キャラ一人ひとりのの掘り下げというか活躍の場を与えて欲しかった。
まあ、第2期が決定してるとのことなので、それに期待かな。




股見てギアス

2009/04/03 21:44 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。