FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

●ここ2,3日、妙に疲れていてた。

原因はよく分からないのだけど、なんだかだるくて、やる気が出なくて、
気持ち悪い状態だった。

体の調子もあちこち悪かったと思う。

原因として、少し思い当たるところがあるけど、
いまいちはっきりしない。

まあ、今日からはまたがんばれそうな予感がしている。



2011/01/28 07:35 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コミックラッシュが電子書籍に移行!、とか

●コミックラッシュが電子書籍に移行

最新号を買ったら、そう書いてあった。
紙媒体では、今号が最終とのこと。

電子書籍化するのはまあいいんだけど、
お金払っても手元に残らない形式だとしたらやだなあ。
PC版はストリーミング形式とのことだけど・・・。

雑誌は読み捨てるものって考えの人には抵抗ないかもしれないけど、
僕は雑誌も何度も読み返す人間なので。

あと、今月号の内容が、
電子書籍として無料配信中ってどういうことですか?
買ってしまったのですが。
まあ、紙には紙の良さがあるけどさ。

で、電子書籍版は有料配信なのね。
WEBコミックハイとかみたいに無料配信で
単行本で回収する形かと思ったのだけど。
んー、有料だと厳しい気がするなあ。
果たしてどれだけの人が買うのか・・・。
廃刊になって作品が変な形で終わるのは避けてほしいものです・・・。

今月号の内容に関しては、
表紙のさくらがかなりかわいいと思った。
最終号っぽい絵かな?って思ったが、どうなんだろう。

ブラフマンは番外編みたいな内容だったので、特に感想なし。

最後ということでのサービスなのか、今月号は490円と
いつもより安かった気がする。
前回とか600円ぐらいした覚えあるので。


●シャドウスキル

久しぶりにアフタヌーンを立ち読みした。
まさかのカイとヴァジュラの退場。
特に好きなキャラが二人して一気にいなくなってしまった。

あと、絵に関して言えば、キャラの顔は一時期より持ち直したかもしれないが、
体がすげー変なことになってるなと。

まあ、読むの嫌になるほどではないけど。


●銭


●ぬら孫

なんか、大丈夫か?って感じになってますね。


●カカシ

好きなキャラなんだけど、
沸点発言とかがなんかなあ・・・。

今回は沸点が低かったって・・・、
つまり、今日は怒りやすかったってことか?
怒りやすい日だから、いつもなら怒るほどではないことでも、
頭にきたってことですか?

状況的に、基本的にクールな俺だけど、
流石にここまでのことをされたら、頭にくるぜって
ことだと思うんだけどなあ・・・。

あと、これまた好きなキャラのカブトが早くもヘタレそうでなんだかなあ・・・。
まあ、まだまだ手駒はいっぱいあるにしても、
あそこまで無敵発言していた術が、結構簡単に破られていってるのは、
どうなんだろうと・・・。


●PSP2、IPAD2

PSP2は、3DSに対してかなり厳しい立場にあると思いますけど、
DSに対するPSPのように、高性能路線を行くのなら、
それはそれで魅力的なので、がんばってほしいなと。
有機EL液晶とか、楽しみです。

IPAD2は、うわさでは、一気に解像度(ppi)が2倍になるらしく、
それはかなり魅力的です。
前から高解像度のディスプレイを待望してたんで。
まあ、欲しいのは、高解像度のWINDOWS機ですけどね。




2011/01/26 21:28 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

まひろさんにむかつく、とか

●まひろさんにむかつく

ニャルアニのまひろさんにむかつく。
日本語の使い方がかなりおかしい気がするのと、
全然笑えないサド的な態度。


●外界への欲求、美食への欲求

最近、街に出たいという気持ちが強まってきている。
あと、おいしいものを食べたいという気持ちも。

最近、食事をしておいしいと思うことがほとんどない。
別に取り立てて変なものを食べているわけではないのだが。

街に出たいというか、
家から出たらすぐのところに色んなお店があればいいなと思う。
そういう場所に住みたいという感じ。
わざわざ気張って出かけるのではなく、ちょっと家の周りをぶらっと歩くだけで
色んな刺激に出会えるところに住めたらいいなーとか思う。

今はそういう気分が高まっている。


2011/01/26 08:46 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

ryocotanのtwitter新アカウント発見、とか

●ryocotanのtwitter新アカウント発見

見敵必殺!
サーチアンドデストロイ!

いや、別にデストロイなんかしませんよ?
もちろん敵でもないですし。

ryocotanの漫画結構好きなんで、また新作を読めてうれしいです。

そういや、最近アニメ『おにいちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』で、
時々妹がryocotanの漫画のキャラみたいな顔してるなって、気になってました。
泣き顔みたいなの。 あの顔、いい味出してるよなー。


●練り直しの日々

ここんところずーっと、同人新作の練り直しをしてます。
何度も完成が見えるところまでは行ったと思うんですが、
どうも違うなって思えてきて、ネーム段階に戻って変更の連続です。
ちょっとした変更ならともかく、ほぼ白紙に戻すようなことも何度も。

やっぱ、ネームが一番大変かつ重要だなと再認識する日々です。

今までの作品もそうだけど、
作品を完成させるまでに使う時間と精神力の大半が
ネームが固まるまでに使われてるんですよね。

まあ、ネームが一番大変ってのは、多くの作家が思っていることでしょうが、
それにしてもあまりにもその割合が大きいなと思える日々です。

完成した作品として外部に発表できてるのはほんの一握りで、
水面下で人知れず没になったネームが山ほどあるんですよね。
それらにこそ一番時間と労力がかかってるんですが。
もちろん、無駄な労力になったって訳ではないんですが、
それにしてもなんだかなーと。

まあ、それだけの没を乗り越えて一応決定稿となったネームが
自分や読者にとって良いものであればまだいいんですが、
気に入ってくれている読者もそこそこいるようだとはいえ、
残念ながら自分的には結局まだまだだなと思える出来での作品発表になりがちで。


自分なりのネームのこつを身に着けて、
もっとさくっとネームを完成させて、
その後の作画作業に注力したり、
もっとコンスタントに作品を発表できるように
していかないとなと思います。

今までにも何度もこういうこと書いてきてますが、
やっぱ簡単には壁を突破できないんですよね。
まあ、相変わらず3歩進んで2歩下がるって感じですけど、
なんだかんだで少しずつ見えてきてる気はするんで、
いずれはと思えるんですが。


まあ、流石にそろそろ新作を完成させないとなと思ってますので、
新作をお待ちの方はもうしばらくお待ちいただければと。
なんとか2月中には・・・。
え? 遅すぎる?


2011/01/24 08:00 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コミラボとmdiappの違い、とか

●コミラボとmdiappの違い

コミラボとmdiappの違いがあいまいかつビミョーで、
今のままだと、住み分けしにくいと思う。

コミラボの公式サイトでも、
mdiappとの関連については触れられていなかったと思うし、
一応OEM版の告知があったmdiapp公式でも、
細かい機能の違いについては今のところ説明されてないはずだし。

2ちゃんやtwitterの情報によると、
コミラボでは、コミワクの作品ファイルやトーン用データも全てではないにせよ、使えるらしい。
mdiappでは無理みたいだが。
僕も少し試してみたが、コミワクで描いた作品も、コミラボで一応開けた。
ただ、互換性がどこまで完全なものかは分からない。
今のところ、まだ安心して使えるって感じは受けない。
互換性が公式に認められてる訳でもないだろうし。


つーか、デリータートーンは権利の関係上mdiappに付かなくても仕方がないと思えるけど、
なぜプロジェクト管理機能がmdiappには付かないのかや、
なぜmdiappにある機能の一部がコミラボには搭載されていないのかなど、
かなり疑問がある。
別にそれぐらい両方につけときゃいいじゃんって感じの機能が削除されてたりすると、
なんだかなーと思う。

mdiappとコミラボで、値段が上の方を完全に上位互換にするとかなら、
納得しやすいのだけど。

今の状態だと、
デリーターのトーンやプロジェクト機能やコミワクのファイルは使いたいけど、
同時にmdiappにしかない機能(たとえばベクターブラシ)も使いたいって人は、
ほとんど同じ内容のソフトを両方買わないといけないってことになるだろうし。
それに、両方買ったとしても、結局2本のソフトを行ったり来たりしないと
いけないことになるだろうから。

その問題の解決策として、
mdiappは今まで通りの形で販売し、
mdiappの全機能に加えデリータートーンやプロジェクト管理機能などの
追加要素を備えたmdiapp+に当たるコミラボをmdiappの値段+数千円で販売、
とかなら、納得しやすいのだけど、
そういう訳にはいかんのかねえ。

別機能が入ってる分、バグの出やすさとかに違いが出るとかで、
コミラボの更新を基本ソフトであるmdiappの方の更新と同時に行うことが難しいとかで、
コミラボを常にmdiappの上位互換に保つことが難しいから、
完全互換にしないであくまで別ソフトとして販売することにしたとか、
そういう事情があるのかな?なんて推測してみたりするが、
もしそうなら、違いをデリータートーンの有無だけにするとかでいいのになと思う。


コミラボのアイコンはなんか気に入らないなあ。
批判の多かった(?)mdiappのアイコンの方が、好みだ。
コミラボをインストールすると、mdp形式のファイルのアイコンが
コミラボのデザインになってしまったんだけど、ちょっとやだな。
まあ、設定次第でmdiappのものに変えられるだろうけど。

mdiappという名前も、とっつきづらいのは分かるけど、僕は気に入ってるし、
その点でもコミラボに劣っているとは思わない。
まあ、分かりやすさや呼びやすさから言えば、コミラボの方が
広く受け入れられやすいのは分かるけど。

比較のためにコミラボとmdiappを同時起動しようとしたが、
できなかった。
どちらか一方が起動していると、もう片方を起動しようとしても、
既に起動していると認識されるみたい。

当面は、引き続き使い慣れたmdiappで行くつもり。


●お兄ちゃんのことなんか

彩葉がかわいい。ツインテールにしてない方が好み。
主人公がなぜああも彼女を避けるのか分からない。
過去に苦い経験でもしてるのだろうか?
いくら義理の妹のことが好きだからといって、
少なくとも昔は親しかった美少女幼馴染が
ずっと自分のことを好きでいてくれて、
今も猛烈にアピールしてきてるのに、
それに少しもうれしそうな反応をしないってのは、
異常だろうと。
妹の方が好きってのは分かるにしても、
なぜああも嫌がるのか。

ストーカーな点が問題だとしても、
再会後彼女のストーカーっぷりがまだ露見していない段階でも、
彼女に対して拒否反応を示してたようだし。

しかし、デュラララの子といい、
ストーカー美少女に熱烈求愛されたいなあ。
もちろん、ある程度条件はつくけど。


●屍鬼アニメ

漫画版よりかなり心情描写などが省かれてる感じですね。

結城父がおもしろい。


2011/01/22 03:57 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

コミラボが遂に来た!

●コミラボが遂に来た!

朝に見たときはまだ更新されてなかった公式ページですが、
今見たらやっと更新されてました。

まさかのデリータートーン収録!
まあ、少なくとも今のところは数が少ないみたいだけど、
それでもトーンを標準で搭載してるのは便利そうだな~。

あと、mdiappに欲しいと思っていたプロジェクト機能を搭載してるとのこと。

くそー、なんか、mdiappより良さそうじゃん。
mdiappより(若干とはいえ)安いのに。
まだどこがどう違うのか細かいところまでは分からないから、
mdiappの方が必ずしも劣っていないのかもしれないけど、
なんか悔しいなあ。

トーンはめんどくさいけどコミワクから移植できるからまあなんとかなるけど、
プロジェクト機能は欲しいなあ。



えーと、試用版を使ってみました。
試用版と製品版は別々にダウンロードする形なのね。
mdiappではライセンスキー入れるか入れないかだけだったけど。
あと、インストール形式のみなのね。

期待のプロジェクト機能は、なんか使いづらかったです。
コミワクのやつの方が使いやすかったと思う。
ファイルの追加に結構時間がかかった。
あと、登録したファイルの画像が小さいので見づらかった。
設定次第で解消できる問題かもしれないけど、ぱっと見は分かんなかった。

その他、だいたいmdiappと同じだったと思いますが、
デスクトップの録画機能がコミラボには見当たらなかった気がします。

あと、各ツールの絵面がmdiappと違ってて、なんかめんどくさかった。
mdiappの方が、そっけないけどシンプルで見やすい感じがするかな。

2011/01/20 14:04 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

朝霧7巻ついに発売日決定、とか

●朝霧7巻発売日決定

久々に宇河さんのブログが更新されてます。

赤猫って店、行ってみたいな。
前から三次には行ってみたいと思ってたんですよね。

あと、三次に限ったことじゃないけど、
どっか風情のある地方都市に移住したいなと思うことが多いです。
ある程度、街へのアクセスが良くないと厳しいですが。


●コミラボはまだか?

全然情報ないからなー。
うわさでは、今日(20日)発売らしいのだが。

第一報から発売までの間に何の情報もないとか、普通ならありえんと思うが...。


●交渉を続けるということ

が大事だと思う。
別に続けなくてもいい場合もあるけど、
逃げられない問題に対しては、
粘り強く問題の解決を志向することが
誠実かつ建設的な対応だと思う。

安易に、自分勝手な結論を出して、
問題を放置するべきではないと思う。

仮に自分にとっての答えは出ているにしても、
自らの属する組織が意見の食い違いで混迷状態にあるのなら、
組織の一員として、それをどうでもよいと思わない姿勢が
大事だと思う。
(引き続きその組織の一員であり続けるつもりなのならば、という条件がつくと思うが。)

問題から逃げない姿勢、と言えるかもしれない。

それがきちんとできる人ってかなり少ないとは思うけど、
やっぱ、大事なことだと思うし、
それをどうでもいいことと思うような人とは、
できるだけ付き合いたくないと思う。


●分かり合える人とだけ付き合うか、色々我慢してでも手広く付き合うか

なかなか悩ましい問題だ。

あんまり狭い範囲の付き合いしかないと、
実現できることに限りが出てきやすいと思うが、
しかし、一方で、
厳選せずに手広く付き合うとなると、
付き合う相手たちと波長に大きなずれがある場合、
色々我慢してでも付き合いを続けることで、ちょっとしたことでなら協力し合えるかもしれないが、
心の通い合った深く熱い協力体制は築けず、
また、彼らのペースに合わせることで自分のペースを阻害することにもなり、
結果的に一人あるいは少数で打ち込んでやった方が
よほどましということにもなりかねないと思う。

なら、厳選とまではいかないまでも、ある程度選んで付き合えばいいんじゃないのって話だろうが、
残念ながら、今僕の身の回りには、
この人とならそんなに無理なく共に楽しい時間を送れるなと思える人が
ほとんどいないのだ。

広い世の中にはある程度、気の合う相手もいるかもしれないが、
今までの人生ではそういう出会いに恵まれなかったと思う。

これからの活動次第で、今後そういう相手とめぐり合える可能性は、そこそこあると思うのだけど。

2011/01/20 03:46 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

オタクビームの兄妹もの、とか

●オタクビームの兄妹もの

単行本『び~むす。』の兄妹ものが良い。
兄と妹のやり取りがかなり良い。
兄の友人と妹の絡みはいらねーって感じですが。

あー、でも、
なんか調子狂う。

良いもの見ると、自分のダメさ加減が気になって
もやもやするのもあるけど、それだけじゃない気がする。

良いんだけど、なんか違うなとも思う。
女性作家の作品で感じがちな気がする妙な違和感。

やっぱ男と女の感性の違いは結構あるなと思う。


●永間ひさしはどうしているのだろう?

恒例のコミケ時期のブログ更新もなかったみたいだし・・・。

良い作品描く人だと思うんだけどなあ・・・。


●mdiappがノートンに削除される

最近のバージョンのmdiappを使おうとすると、
ノートンによって危険なファイルとして削除されてしまう状況に陥っている。
困ったことだ。

139pと139qが削除された。
139gだと問題ない。


●自炊の森がなめてる

http://blog.esuteru.com/archives/2091529.html

ほんと、
金のためなら何しても良いと考える人間が増えたなあと思う。

それにしても、電子書籍はまだまだ色々問題あるなと感じる。
これから整備されていくだろうけど。

2011/01/17 00:30 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

春風桜花の単行本購入、とか

●春風桜花の単行本

やっと売ってるの見かけたので、ゲット。
買えるうちに買っとかナイトってことで。
アキバロマンス4巻で痛い目見てるんで。

まだちゃんと読んでないけど、
前にヤングエースで一部読んだときよりは、
楽しめそうな感じでした。

連載時に読んだのが特に外れな回だったのかなーと。

秋葉ロマンスの頃からよく描かれるようになったパンチラシーンが
目立ってますな。
気合の入ってないパンチラだと思うけど、なんだかんだでちょっとうれしいかも?

今度人気作品のコミカライズをするらしいけど、
どーなることやら。
いつも通りの煉瓦節で行くなら、一般層にはあんま受け入れられない気がするが、
原作がすごく有名&面白いのなら、ヒットするかもなと。

打ち切り的な終わり方の漫画が多い中で、
よくそんな大物タイトルのコミカライズ任せられたなあと思います。

まあ、コミカライズって、あんまりぱっとしない作家に任せられることが多いと思うので、
そう考えると、別におかしくないのかもしれないですけど、
でも、なんでそもそもビッグタイトルのコミカライズをぱっとしない作家に
任せようとするのだろうかと前から疑問に思っているのですよね。
それなりの作家はコミカライズでなく自分のオリジナルで勝負できるからかな、とか想像したり。
その点、まだあんま売れてない作家なら、ステップアップとしてコミカライズやるべしと説得しやすいから、とか?

ともかく、このコミカライズが煉瓦さん的には
一般紙でもブレイクする大きなチャンスになるんじゃないかと思うんですが、
僕はこれ以上煉瓦さんにメジャーになって欲しくないんですよね。


●長い目で見ること

が足りてなかったかもなと思う。
最近。

目先の結果にとらわれすぎていたかなと。
貧太的に。

久々にキャノン先生読んだら、ちょうど思ってたことが書いてあったりで、
少しびっくり。
海乃みるくの台詞とか。

もっと未来に希望を見出したらいいんじゃないかと。
まあ、そうは言っても、この世界に未来が期待できるのかと言えば、
冷静に考えるとかなり疑問なわけだけど。


●つまみ食い的付き合い方

でいいのかもな、と思う最近。

普通はそうなんだろうけど、今まで僕はそれが嫌だった。

どっかで利害の一致するところがあれば、そこで繋がれればいいじゃんってぐらいの
付き合い方。

面倒なことになりそうな部分にはお互いに立ち入らないようにして
非常に限定的な付き合いを楽しむ。

距離感の見極めが大事になってくるが。

ただ、そのような関係では、互いに親友といえるような関係は
築けないだろうなと思う。
ビジネスライクな関係とか、相手を道具として扱うような関係は
可能だろうが。

そもそも、初めからビジネスの相手としてお互いに割り切って付き合うのならともかく、
特にそういうわけ意識を持たずに付き合いを始める場合、
「この人とはこの部分においてのみ問題なく付き合えれば良い。それ以外の部分でどんな不一致があってもそんなことはどうでも良い。そういう部分に立ち入ることはないし。」といった
割り切った付き合いを行うのは、難しいと思う。
どうしても、全人的な(?)付き合いを求めてしまいがちだと思う。
そうなると、やはり、ある程度自分と基本的な波長の合う相手としか、
良好な付き合いを続けていくのは難しいのではないか?、とも思う。

仮に一方の人間が割り切った付き合いでよいという考えを持ってことに望んでいたとしても、
相手方の人間がそれに理解を示さない場合は、上手くいかないだろうし。

難しいところだ。


●映画『ハンコック』が糞だった?

こないだテレビで一部見たんすけどね。
中盤ぐらいまではともかく、後半は糞っぽかったです。
色々突っ込みどころ満載だし。

ハリウッドの金かけまくって作ったであろう大作映画が、
ストーリー的には本当に糞みたいなレベルなことって、
結構あるなと思うんですよね。

CGによる映像の面白さが売りなんだからこれでいいんだよ!ってことなのかもしれませんが、
もう少し脚本にも力入れればいいのに。
それとも、そんなに人材不足なのか? ハリウッドは。

2011/01/16 01:24 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

デジ同人の私的まとめ ~痴漢編~

自分用まとめを作ってみようかなと。

2011年01月12日より。随時追加予定。

画像 紹介文
集団で少女を囲み電車内に密室を作って痴漢する、電車内陵辱モノ。100枚以上の絵とテキスト。
あの『痴漢専用車両』が帰ってきた!心理描写やこだわりの下着表現などはそのままに、独占と痴漢専用車両ルートを完備! 痴漢ゲームの新たな金字塔です!
タマ姉といいんちょを凌辱しつくすエロかわいい系アドベンチャーゲーム登場! 自らイキたいとおねだりするまで堕としつくすフルアニメーション作品。
“ブルゲLIGHT”が贈る「JKと淫行教師」シリーズ第二弾は、痴漢×冤罪×復讐という定番の設定で織り成す、女子校生痴漢淫辱ストーリー! 清純可憐女子校生の未成熟な肉体をに黒い欲望をぶちまけろ!!
痴漢漢シリーズ第一作を完全リメイク!全編再作画&初のフルカラー本に!痴漢王・寺堕は電車内で世間知らずなお嬢様を発見して好き放題!その上個室に連れ込んで!?
新ブランド・Realでさらに進化した 『悪戯』シリーズの最新作! さらなる進化を遂げたリアルタイム痴漢シミュレーターに注目だ!
痴漢に目を付けられてしまった女子校生、ミサキの受難。体を触られ弄ばれ快感を覚え込まされていく…

2011/01/12 23:34 | エロ同人感想 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

ニャルアニとニライカナイとか

●ニャルアニとニライカナイ

這い寄る混沌つながり。

ニャルアニに触発されて久しぶりに岡田芽武のニライカナイを少し読み返したけど、
相変わらず、すっと理解できない部分が多いなと感じる。

色々あるが、やっぱ言霊がらみが多いかな。
言霊って結局どういう存在なの?ってあたりかと。

それはともかく、やっぱニライカナイは作画がすごく豪華だなと思う。
かなり人を選ぶだろうけど、この豪華さには異論の余地はないのではないか。


●頼る人と頼られる人

頼る相手に囲まれている人は楽だなと思う。
頼られる人は、場合によっては、ただ周りに頼られるだけで、周りに逆に頼ることはあまりないだろう。
自分が助ける一方で、相手から助けられることはほとんどないという、
ほとんど周りに搾り取られていくのみの場合も結構あると思う。

まあ、頼られるだけあって、少なくともその時点においては、相対的に高い能力を有しているのだろうから、
そのアドバンテージによって自らの身を守ることもできるのかもしれないが、
しかしそんなことを続けていれば、いずれ使いつぶされてしまうのではないか。

他者に奉仕することが悪いとは思わない。
しかし、そのことによって、結果的に自分の幸福を犠牲にするような状況には
させるべきではないと思う。

そのために自衛策として、断るべきことはきっぱりと断るというのもあるが、
そういう態度を取ると、周りから冷たいやつだとか一斉にののしられる場合もある。
そんなやつらと付き合わなければいいのだが、
簡単には離れられない相手の場合もある。
それに、自分がいくらそうしたところで、相手を甘やかす人は存在するから、
結果として、依存的人間とそうでない人間の格差は広がる。

依存的人間は、人に頼るときは頼るだけ頼っておいて、
周りの助けで自分が少し権威を身につけると、
途端に周りを馬鹿にし始めることが多い気がする。

安易に他者に頼ろうとする姿勢が問題の根源かも。
あと、他者への感謝の気持ちの欠如とか。

助け合いが悪いとは思わない。
むしろ良いことだと思う。
しかし、それは双方に助け合いの精神がバランスよく存在していれば、
の話じゃないかと思う。


●まんがウルトラマンゼロ

煉瓦さんのブログの『まんがウルトラマンゼロ』が面白い。
やっぱ絵上手いよな~、この人、多分。
手は抜きがちだと思うけど。

それにしても、すごく煉瓦さんらしいと思える漫画です。


2011/01/12 22:48 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

安易な再チャレンジはよくない?、とか

●わんぱく

●安易な再チャレンジはよくない?

時間が経つと昔のつらさとか薄れてきて昔の失敗を軽く考えがちなことがあるが、
実際にまた同じような状況になると、やっぱり上手くいかないことが多い。

過去にそれがダメになったのは、自分や関係者にちょっとした配慮が足りなかったのが原因で、
今度は落ち着いてそこにちょっと気をつければ問題なくやれると安易に考えてしまいがちだが、
それは違うことが多いと思う。

少しぐらいの時間経過では関係者の性根等や技術的な問題点はほとんど変化しておらず、
結局同じ問題が浮上してくる場合が多いと思う。

過去に上手くいかなかったからといって
どうせ今後も無駄だと簡単に諦めるべきではないが、
しかし、過去に決定的な問題の存在に気付いたならば、
それをあまり軽く考えるべきでもないと思う。

やはり、そのときそういう手痛い失敗に至ったのには、
それなりの根深い問題がある場合が多いと思う。

その問題を解決できる糸口が見えそうならば、
再度チャレンジしてみればいいだろうが、
安易に再チャレンジしても、過去と同じような手痛い失敗が待っていることが多いだろう。



●やってもいいとやりたいの大きな違い

充実した時間をどれだけ過ごせるか。

内心興味ないのに形だけやられてもむしろ迷惑なこともある。
お互いの時間の労力の浪費だ。

自分をしっかりもち、その上で他者と上手くやれることはすばらしいが、
自分がなく、ただだらだらと寂しさを紛らわせるような関係には
充実感がない。
発展性もない。


●もう年明けて10日たった。

早いなあ。

2011/01/11 21:56 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

新年明けまして、とか

●新年明けましておめでとうございます。

世の中の流れを見るに、おめでたい年になるかどうかはかなり疑問ですが、
まあ、一応言っておきます。

今年も同人サークル「がんばろ屋」および、当ブログをどうぞよろしくお願いします!

去年は基本的な描き方の模索だった感じですが、
今年はその延長線上でのクオリティアップが主な狙いですかね。
まあ、もちろん模索も続けるんですが、どちらかと言えば。

あと、どこまで実現するかは分かりませんが、新しいチャレンジも色々考えています。

読者に喜んでもらえるよう、また、自分自身が「これなら!」と思える作品を作れるよう、
今年も作品作りをがんばっていこうと思います。


●年越しはBS11を見ながらでした

迷い猫オーバーランを見ながら年越ししました。
結構面白かった。お嬢様が好き。
ドバイのあれより高いビルを壊したりするところは不愉快でしたが。

あと、ニャルアニとかお兄ちゃんとか、アクエリオン合体したいとか、ガンダムXとか、
何度もCMを見て、頭に焼きついた感じ。
しかし、草野漫画がアニメ化とは、出世したなあ。


●お気に入りの漫画家の成長っぷりを見て、改めて気付いた。

やっぱみんな最初は下手なのねって感じのことに。
いろんな漫画家の古い単行本を読んで、思った。


2011/01/05 18:07 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。