FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | PAGE TOP▲

前回記事の補足など

・一つ前の記事の補足

生活に疲れて嫌気が差して死によって苦痛な生から逃げ出したくなるということもある。
しかし、無気力すぎて、自殺に走る強い衝動もないため、
結局、自殺を断行するということにはなりにくいと思う。
ただ、はっきりと自殺しようと思ったわけではなくても、ふらふらとなんとなく死ぬような状況に脚を踏み入れてしまうということは起こりやすいと思うけど。

あと、生活形態を変えることについて。
よく考えると、やはり今の暮らしには今の暮らしの便利さもある。
しがみつく必要はないが、安易に捨てることもない。
実利のほとんどない神経症的なこだわりは捨てる方向で良いと思うが。

ある程度まとまった仕事が終わったら、
打ち上げというか、がんばった自分へのごほうびは、
やはりある程度あげないと、気持ちが参ってくると思う。
少し自分にごほうびをあげて、気持ちが楽になってきた気がする。
次回作に向けてがんばろうという気も出て来る気がする。

他者の目を過度に気にすることから脱却し、
自分の素直な気持ちを尊重する方向にシフト。
神経症的、病的な部分を少しずつ緩和。
他人の作品を自分の作品とやたらと比べずに楽しく味わい、
また、自分の作品を他人の作品とやたらと比べずに楽しく作る方向へシフト。
まだまだ譲れない部分というのはあるが、結論として自分の実利が損なわれるのでなければ、
結論を出すための過程の部分での他者との交渉において、
他者の身勝手な振る舞いにいちいち目くじらを立てず、
あくまで結果として自分にとって条件のいい結論を引き出すことのみを、
目標とする方向へシフト。
まあ、下らん交渉に時間やエネルギーを割かなきゃならんこと自体、自分への実害なのだが、
そこはある程度仕方がないと思うべきだろう。

自分の成長を信じる。
今到底できないことが、何年か後にはそれほど苦もなくできるようになるというようなことが、
日々努力を積み重ねていれば、十分可能であるということを信じるべきである。
過去に成長を確認できる物証があるなら、尚更である。

理屈の通用しない相手に理屈を説得して納得させようとしていたが、
それも考えものかも。
共通の理解を得るよりも、従わなければ○○するぞとか、
言って、牽制することが重要かも。


・ブラフマン オーバーブースト

先月号は立ち読みしただけで買い逃したけど、今月号はゲット。

すげー面白いんだけど、絵柄の変化がやっぱ少し気になる。
線が全体的に太くなって、顔がくどくなった気がする。

あと、オーバーブーストになってから展開が非常に早くて、
このまますぐに終わってしまうんじゃないかと、少し不安です。
1巻のあとがきからすると、一気にクライマックスに向かいそうなんだよなあ。

号がかわいそうです。
親父にいじられてるせいでああいう言動になってるわけで。



2010/09/28 19:58 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

最近の無気力な日々とそこで見えてきたもの

最近、無気力な日々が続いていました(今もそうかもしれません)。

『もしロリ』の発売後、ほとんど休むことなく次回作(漫画の予定)の構想を練り始め、
比較的早い段階でネーム的なものをだいたい形にすることにも一応成功しました。

ですが、それ以上、あまり筆が進みません。
この調子で勢いに乗って作品を仕上げてしまえばいいんじゃないかと自分でも思うのですが、
どうにもやる気が起きないのです。
どうしてでしょうか。
(まあ、ある程度のところまで構想を練るのは好きだけど、それ以降の詰めの作業は
難しいと感じることが多くめんどくさくなりがちだというのは、いつものことだといえばそうなのですが。)

次回作の制作とは無関係なちょっとしたお遊びなどは、結構やる気になるのですが、
そういうお遊びはあくまでサブとして行っているのであり、
メインの作業の合間に行うぐらいのものと位置づけているのであって、
メインの作業用に用意した時間に本来行うべきであるメインの作業にやる気が出ないで
やらなきゃなーと思いつつも何をするでもなくすっきりしない気持ちを抱えながら
だらだらと過ごしているという状況です。
それと関係あるかは分かりませんが、性欲も衰えてきています。


先日発売した『もしロリ』がDLsiteだけで既に100本以上売れており、
僕にとっての当面の目標ラインであったピコ脱出のラインを
(今後も安定して越えられるかはともかく)越えることができたことが、
僕にある種の安心感を与え、それによってなんとかしなきゃって切迫感が薄れ、
作品作りへの動機付けが薄れた面があるんじゃないかなと思います。
根をつめて作品を作り終えた後の燃え尽き症候群的なものや、
本当にこれでいいのかっていうネームの出来への疑念といったよくある作品作りの上での悩みなど、
他の原因もあるとは思いますが。


まあ、原因はともかく、
最近無気力なわけです。

今までの人生で今のように無気力な時期がなかったわけではないですし、
数多くあったと思うのですが、今回は久しぶりなのか、あるいは、
少し無気力ぶりに今までのと違いがあるからなのか、
何か少し不思議な感じがしています。

最近よく味わうのは、
世の中がどうなるかとか、自分が社会的に意義あることをすることとか、
そんなこと、どうでもいいんじゃないかって感覚です。
人類がどうなろうが、人間社会がどうなろうが、そんなこと別に大したことではないというような感覚でしょうか。
今まで大きな関心事だった、自分が社会と言う枠組みの中で生きて何を成すかとか、成さないかとか、
そういうこと自体、どうでも良いことのように思えてきている気がします。

僕は昔から世の中の流れや自分と世の中との関係について
かなり強い関心を抱いてきた人間だと思うので、
最近上記のような感覚を味わうことに、違和感?を覚えている気がします。

でも、違和感を覚えるだけでなく、歓迎もしているのです?
僕は世の中の色んなしがらみから解き放たれることを精神的な成長として良いものとしてとらえる気持ちもあるからです。
欲望に振り回されることなく、暮らせるようになってきているのなら、
それは素晴らしいことなんじゃないかとも思えます。


ただ、色んなことが前と比べるとどうでもよくなってきているとはいえ、
例えば誰かに激しく攻撃されるとか、自分が強く嫌悪するものと向き合うことに、
何の関心もストレスも感じないというわけではないのです。
自分との距離感が比較的遠い世間一般の流れなどには、急速に興味を失ってきている気がしますが、
自分の生活に密着したこと、自分の身の回りのことでは、
まだまだどうでもよいとは思えないことが結構あります。


そして、今の生活の中で色々気になることがあって大きなストレスを抱えると、
今の生活におさらばしたい、今の生活を抜け出したいという思いが高まってきます。

初期段階では、このしんどい人生を終わらせたいって感じです。
それはおそらく、疲れているため、今のストレスフルな生活から離脱するために
積極的に行動する気にもなれず、あーこのまますーっとこの世から消えられたら楽だよなあって感じで。
まあ、結局、自殺することへの抵抗感が完全になくなったわけでもないし、自殺という行動を
積極的に起こすためのエネルギー自体、無気力さのあまり出てこないので、自殺には至らないわけですが。

そして、ある程度冷静さや気力が回復してくると、第2段階として、
死んで人生を終わらせる代わりに新天地への移転を考えたりします。
比較的都会的な今の暮らしを止めて、田舎で晴耕雨読(というより晴耕雨作)的な生活にでも入ろうかなと思ったりします。
田舎で隠居的な暮らしを送るなどというと、欲望から解き放たれた仙人のような人間になったから
と考える向きもあるようですが、今の僕の場合はそうではなく、
それは、自分がどういう生活を送ろうがどうでもよいと思えるからではなく、
おそらく、今の生活におさらばしたい、今の生活を抜け出したいという思い
(それはおそらく、より満足度の高い生活形態に変化させたいという思いの裏返しであると思う。)
からだろうという気がします。

つまり、欲に動かされなくなったのではなく、
僕の中で活動的な状態にある欲望の種類が変化したのではないかと思うのです。


今までは自分から様々なしがらみに心を奪われていて、
今の生活に多くの不満を抱えながらも今の生活を捨てて大きく異なる生活に入ることには
根強い抵抗感があったと思うのですが、
最近色んなことについて以前ほど強烈なこだわりを持たないようになってきて、
以前より気持ち的に身軽になってきたと思います。
そして、身軽になった結果、面倒なことの多い今の生活に留まるのではなく、
今の生活環境にさよならをして、より自分にとって居心地のいい新天地に移住する方向に、
以前よりも心が向かっているのだろうと思います。


それと関係してると思うこととして、
最近、体をもっと動かすことに、良さを感じています。
近年動かさな過ぎだったから運動を増やすことで体を健やかにしようってのもありますが、
単にそれだけのことではなく、
比較的頭を使わずともただひたすらに体を動かせばある程度結果が着いてくるというような
原始的な第一次産業的な作業を暮らしの中に取り入れれば、
更に言えば、そのような作業をある程度の時間行うことによって、
生活していく上で必要な物質的糧を安定して得ることができるならば、
より大きな生きる喜びを得られるのではないかと感じるからです。

とはいえ、絵を描くことや文章を書くこと、自分の作品を作り出すことなどの、
頭を使った文化的活動に興味がなくなったわけではありません。
ただ、作家を生業として生きていることを前提に様々な制約の中で生きていくとか、そういうのよりも、
基本的な生きる糧は、農作業や肉体労働などで自給自足的に獲得し、
それによって世間のしがらみから離れ悠々自適に暮らす条件を整え、
余暇の時間に気の向くままに自分の好きな表現を追及するというような生き方の方が、
今の僕にあっているんじゃないかと再び思えてきているということです。


まだ完全にしがらみから解き放たれた訳ではありませんが、
今までよりは重い荷物を背負わなくていいような気がしています。
それは、他者から要求されることが減ったということではなく、
自分自身が「もうそこにそこまでこだわることはないんじゃないかな」と思えるようになって来たということです。
他者からすれば、僕が新天地に移転することを、快く思わないかもしれませんが、
それはそれとして、僕にとっては、もはや自発的に今の生活の場に留まる理由は
薄くなってきているのだと思います。
まあ、一時的なものであって、また自分の中のしがらみが復活するかもしれませんが。


Vガンのルペシノさんの言葉、「馬鹿な男に付き合うことはないんだよ」って感じの言葉が、
今の僕の気持ちにフィットしている気がします。

まあ、脱社会し、自分の気ままに暮らすといっても、
完全に隔絶された世界でない限り、世間・社会とは地続きであり、
社会の動向と無縁でいられるわけではないわけですから、
単純に社会との交渉を断とうとすれば、自分の生活が脅かされずに、
気持ちよく生きていけるというほど、ことは単純ではないわけですが。

場合によっては社会との交渉をもつことが、
欲から完全に解き放たれていない人間にとって、
自分にとって心地よい場を守るために有効で選択すべき行動であるという思いは、
今もなくなったわけではないのです。
今までほど、社会との交渉に固執しなくなっているだけで。

と、まあ、久しぶりに切通や宮台の本とかを読んだりしながら、
自分の考えを長々と書いてみました。
宮台の主張は世間的に叩かれることも多いようですが、僕は昔からすごく共感できることが多いです。

宮台的に?状況をまとめると、
今まで社会的な意味の世界に強くこだわりながらも社会との軋轢に苦しんで生きていた中間型の僕が、
今社会的な意味などどうでもよいという個人主義的・脱社会主義的なもののとらえ方にシフトしてきて、
それに伴い、今まで社会的な意味があると思えていたからこそ行っていた様々な行動を続ける気力が減衰し、
それと同時に、社会的にどのような意味や意義があるかを問題にしないという前提の下で自分が欲する暮らし方に
今まで以上に憧れるようになってきている、ということになるのかな。



2010/09/28 06:34 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

ゴールデンボーイ復活とか

・ゴールデンボーイ復活!

なんと知らぬ間に復活してました。
GOLDEN BOY2ってタイトルでビジネスジャンプで。
さらばスーパージャンプってのは、守ってるのね。

ネットで知って買いに行きました。
絵はかなり回復してる感じ。ライダーやら日露末期はひどかったが。
やっぱ江川達也はかなり絵が上手いと思う。特に表情。
CG塗りも家庭教師漫画の頃よりこなれてきてると思うし。
写真背景も、僕は気にならない。(カラー部分はちょっと気になったが。)
キャラ以外はあんま描かず簡素なのも、すっきりしていて読みやすいと思う。
手抜きと言えば手抜きなのかもしれないが、手抜きでも魅力があればよいと思う。

2ちゃんでの評価も、珍しく良いし、この調子で質を保って行ってほしい。

更に、日露戦争物語が文庫化してて、
加筆修正やクライマックスの追加などがあるらしい。
文庫じゃない単行本をもってる身としては、ちょっとつらいが、
まあ、日露戦争物語がより完成度の高い形で世に出るのなら喜ばしいことだ。

江川旋風がまた来るか?


・榎本ナリコ作品はやっぱり好みだ。

少女(あるいは、繊細な女装少年)と、
かっこいいおじさんにしびれる。


・ヒコロウの新刊が出てた。
まだ買ってないけど、近々買う予定。
買ってあげないとヒコロウさん餓死しちゃうかもしんないしね。


・ねこぢる作品もものによるなと。

公式サイトにあるカブトムシの話とかは秀逸だと思うのだけど、
ただ残酷な話とか、不道徳なだけの話は、あんま面白いと思えない。


・他人に引っ張られるのをやめよう

自分に対する他人の評価に怯えたり、
他人の考えと自分の考えの差異や
自分の作品と他人の作品の違いなどに
いちいち気を取られすぎたりするのは、
止めないとなと改めて思う。

他人はどうあれ、自分の素直な感覚こそを信じるべきだと思う。

他人に同意を求めず、自分がそれを信じられるかどうかのみを
問題にすべきだと思う。

視野を狭くしたり、事実を単に誤解したりするのは問題だと思うが、
しかし、他人への依存心?から他者に意見を求めようとし、
他者の意見に流される、自分のペースを乱される
ということが、僕には多すぎたと思う。

自分に自信を持つというか、自分は自分であることを認め、
自分から逃げようとしないべきというか。

所詮自分からはそうそう逃げられないと思う。
いくら他人が違うことを言っていても、今の自分にはそう思えてしまうということが多い。
なら、他人の感じ方などはなから問題にしないでいいのではないか?
他人がどう言おうと、自分にはそう思えたのなら、その自分の素直な感想こそを
大事にすべきだろうと。

他人の意見に聞く耳を貸さないというのとは違うんだけど。

結論は、他人にごちゃごちゃ構ってる暇はないってところかな。

腰をすえて、ともかく自分なりにやってみる。
もっとそうすべきだろうと。

それを基本方針とした上で、少しずつ調整していけばよいと思う。


・こいけん!

少し前からよくCMでやってるモバゲーのギャルゲー。
DLsiteのマスコットキャラクターを描いてる人が絵を担当してるみたいで、
結構興味ある。
まあ、やらないだろうけど。

つーか、メインヒロインの二人は、DLsiteのマスコットそのままって感じのデザインに見えますな。


・福満の今昔

昔の方が良かったと思う。
まあ、最近のはろくに読んでもいないけど。





2010/09/20 00:09 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

『純少女』と『僕は女生徒に種をつける』がデジ同人ALICEで本日発売!

お待たせしました!
こないだお知らせした通り、デジ同人ALICEさんでも
当サークルの作品の販売を始めます。

まずは、『純少女』と『僕は女生徒に種をつける』の2作品が
本日発売されました。

『純少女』

『僕は女生徒に種をつける』



↑ご購入の際は、これらの画像リンクを通して作品ページに進んでいただけると、助かります。


デジ同人ALICEさんは、ポイントが付くのはもちろん、
消費税分をALICEさんが負担するというサービスを行っているので、
他のサイトでは735円の作品が、700円で買える
という
非常にお得な状況になっています!

その他にもお得なキャンペーンを実施しており、
少しでも安く作品を購入したいなら、かなりお薦めの選択肢だと思います!

2010/09/17 08:45 | 同人活動 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

最近の読書感想など

・ブラフマンOVER BOOST 1巻

何故かアキバブログとかで取り上げられてて、
いつもより目立ってる印象です。

近くの本屋に1冊だけあったので、購入。
特典ペーパー付を求めて大阪のとらのあなまで行こうかと思ったけど、
面倒なので止めた。
まあ、今度行くときに在庫があれば買うかも知れんけど。
でも、店によって特典の付く付かないがあるのって、好きじゃないなあ。

思ったよりも、単行本未収録分が少なかった。

号が父親に反発してるのが印象的。
今まで完全に従属してるってイメージだったから。

つぐみが多次元位相接続を開発するに至った道のりがまるでなかったのが肩透かし。

父親側は、多次元位相接続を成功させたのではなく、それに似たカレラの能力を利用しているだけ?

表紙の織葉の顔があんま好みじゃない。
とらの特典ペーパーの織葉はいい感じなんだけど。

凛のお父さん発言や親父のお前は特別発言は、血縁云々ではなく、
単に凛が親父の忠実な代行者であるっていうことかなと。
号と違って裏も知ってるってことで。

んー、でも、号の中の別人格といい、親父やつぐみ父の生死といい、
謎は深いねえ。
ラッシュ最新号を見ると、どうも、カヤが見逃したカレラが関係してるっぽいが。

なのはのスカリエッティみたいな、科学者型の悪役って、抵抗感あるなあ。
邪悪さがすげーと思う。
人間を実験動物や能力吸収のための道具程度にしか考えてないとことかが。
解析される恐怖とか。


・蜻蛉迷宮 1巻

ハルヒの作者が原作の漫画。
1年ほど前に出たときから注目してたけど、
中古で安く売ってたから買った。
いつも通り、作者にとっても僕にとっても地元である
西宮を舞台にしていて、見慣れた風景が幾つも出て来る。

話はかなり中2病的?で、あんまのめり込めないが、
でも、ミステリーとしてそこそこ面白く、次の展開が気になる感じ。

キャラデザと漫画の作画にかなりの乖離がある。
が、漫画の作画も独特でそこそこ魅力的。
とはいえ、未熟さが目に付くシーンも多い。
にらんでるときの表情とか。
あと、後半になると、絵がかなり崩れてきてる気がする。
アマゾンのレビューでも言われてたと思うが、
決めゴマだと思われるところの絵にまるで迫力がなかったりするのが、きつい。


・ねくろまねすく 玉置勉強 1、3巻

前から関心のある玉置勉強の漫画。
1巻はそこそこ良かったのだが、最終巻である3巻は、
普通すぎてあんま面白くなかった。
なんつーか、すげー陳腐な感じがした。

独特の絵は好きだ。
案外、かわいいと思う。


・ウルトラテング 田代がまたやった!

東方について色々調べてたら、ウルトラテングに出会い、
田代すげーことやってんなと思ってたら、またやってくれました。

まあ、かわいそうだと思います。
薬物中毒は非常に抜け出しにくいと言いますし。
このままでいいとは思わないけど、あまり責める気にはなりません。
人を殺したりした訳でもないし、そこまで叩かんでもって思ったり。


・仮面ライダーW最終回

もうちょっとミュージアムの目的や背景について説明があるものと期待していたのだが・・・。

最終回の話のボリュームが期待はずれではあったけど、
まあ、1年間結構楽しく見れました。


・bleach
髪の毛の伸びた苺がかっこいいと思います。
愛染は小物過ぎ。

2010/09/17 00:39 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

デジ同人ALICEでも販売予定!!

どうも、先日DLsiteでも発売された『もしロリ』が
おかげさまで当サークル史上最高の売れ行き&評価を記録中で、
ありがたく思っています。

この調子で一歩一歩確実に成長していけるよう
がんばっていきたいと思います。


で、お知らせなんですが、
今までのところうちのサークルの作品は、
DLsiteさんと、DMMさんの二つのサイトでしか販売していませんでしたが、
新たにデジ同人ALICEさんでも販売するようにしようと考えています。




デジ同人ALICEさんは
まだ開店して日が浅く、作品数などではDLsiteさんやDMMさんには及んでいないようですが、
新規入会者には300ポイントプレゼント中だったり、
割引などで業界最安値に挑戦してたり、
色々とお得なキャンペーンを実施していて、
既に他の販売サイトを利用している方にも、
なかなか魅力的な販売サイトなんじゃないかと思います。


出品する側としても、
商品価格に対するサークルの取り分やアフィリエイトの取り分が業界最高水準だったりと、
色々うれしい感じになってますので、
DLsiteさん、DMMさん共々、是非発展していってほしいなと思います。


ってな訳で、
ALICEご用達の方、もうしばらくお待ちください。
また、これまでALICEをご存じなかった方も、
これを機に一度チェックしてみてはいかがでしょう?
思わぬ発見があるかもしれませんよ?

2010/09/12 01:31 | 同人活動 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

『もしロリ』がDLsiteで本日発売!

お待たせしました!
がんばろ屋第5弾作品『もしロリ』が
DLsiteで本日発売されました!



詳しい内容は、↑の画像リンクをクリックで見られます!

内容は、
かわいいロリッ子が自棄になった中年おやじに何度も中出しレイプされ、
妊娠させられるなど、徹底的に陵辱されるというものです。

①基本CG15種類と過去最大のボリューム!
②本格的に台詞をつけることでストーリー性を強化!
③今まで描かれなかった背景にも力を入れ、臨場感がアップ!
④JPEGよりも劣化が少なく綺麗なPNG形式での収録
などなど、色々盛り込んでます。


あ、紹介用の画像は縮小率などの問題で画質が下がっていますが、
製品版にはより高画質で収録されていますので、ご安心ください。


お買い求めいただける場合は、
上の画像リンクか記事左の「当サークルの作品」欄の画像リンクをクリックして
購入ページに進んでいただけますと、非常に助かります!

アフィリエイトにより当方の利益が上がりますので、
応援の意味でご協力よろしくお願いします!



先行して発売されたDMM版と中身は一緒なので、
どちらでもお好きな販売サイトをご利用ください。


いやー、しかし、やっと完成したーって喜んでから、
実際にDLsiteでの発売にこぎつけるまでに色々あって、
結構大変でした。

まぁ、でも、デジ同人も不況やら新作ラッシュの影響で一作当たりの売り上げが厳しいと噂される中、
今回も前作を上回る勢いで売れてるみたいなんで、ありがたいことです。
努力した甲斐があったかな?

どうぞよろしくお願いします!

2010/09/09 20:02 | 同人活動 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

『もしロリ』がDLsiteで明日発売予定!

えー、お待たせしました。
明日、遂に『もしロリ』がDLsiteで発売されます。

DLsite内の作品予告ページはこちら。
http://maniax.dlsite.com/announce/=/product_id/RJ066680.html


先に販売開始していたDMMよりもDLsiteの方が審査が厳しかったので、
ヒロインの背負っているカバンのデザインなど、細かい点に
いくつか修正を施しました。

DMMの方の作品内容もDLsiteのものと同じものに差し替えましたので、
今後どちらの販売サイトで買っていただいても、内容的に変わりはないはずです。

詳しい紹介は、また明日行う予定です。
どうかよろしくお願いします!

2010/09/08 22:22 | 同人活動 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

・『もしロリ』ですが、カバンのデザイン修正は既に何回か行いました。
ただ、DMMの方はそれで問題なさげなんですが、DLsiteの方は思っていたより審査が厳しいみたいなんで、
最終的に審査を通るには今しばらく時間がかかるかもしれません。
まあ、数日内になんとかなると思うんですけどね。


・ガロについて調べてたら、ねこぢるもガロだということを知り、
ねこぢるのOHPとか見たら、単行本できちんと読みたくなってきた。

最初の出会いは多分2004年ぐらいだったと思う。
あの頃も衝撃を受けて単行本買おうかと思ったけど、
どうにも残虐性などに抵抗感が強く、購入には至らなかったはず。

あの頃よりは色んなものに耐性ができてると思うので、
多分手元に置いて読みふけっても大丈夫だろう。


・水木漫画の奇妙な味


・古本屋であきまんの描いたターンエーのコミックスを見つけ、購入。
読んだら、ターンエー熱再燃。
アニメ版をを一から見たくなった。
ソシエかわいいっす。

2010/09/06 22:35 | 日記 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲

『もしロリ』のDLsiteでの販売が少し遅れるかもしれません

申し訳ないのですが、
新作同人『もしロリ』のDLsiteでの発売が、予想よりも遅れるかもしれません。

ヒロインの女の子が背負っているカバンのデザインが、
ランドセルに見えかねないということで、
DLsiteさんの審査に引っかかってしまいまして、
その修正に予想外の時間がかかっているからです。

ランドセルを描いたつもりは全然なかったんですが、
見る人によっては、ランドセルに見えるみたいなんで、
仕方ありません。
(DMMの方でもモザイクかけられちゃってますしね。)

ですから、ランドセルには見えないカバンに変更する予定です。
また、その他にも極々小さな修正を行う予定です。

小さな差異とはいえ、販売サイトによって中身が違うという状況はできるだけ避けたいので、
DLsite用にカバンのデザインが変更でき次第、
DMMでの販売分についても、内容を差し替えるかもしれません。

差し替え前の、ランドセルに見えかねないカバンにこだわりがある方は、
DMMの方でお早めにお買い求めください。

2010/09/02 23:11 | 同人活動 | COMMENT(0) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
トップへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。